背中ニキビと勘違いしやすい病気

ニキビや吹き出物というと顔のイメージが強いですが実はその次に出来やすい箇所が「背中」なのです。ニキビの原因は身体の汚れや皮脂、角質が毛穴を塞いでしまうことでアクネ菌を増殖し、ニキビを発症させます。基本的にニキビの場合、汚れ等をしっかりと落とし、肌を清潔に保ちつつ、保湿を心がければ治りますが、どんなにケアを頑張っても治らない場合があります。それは生活リズムや環境など様々な要因が考えられますが、そもそもニキビではない可能性もあります。ここではニキビと間違えやすい病気について紹介していきます。

間違えやすい皮膚の病気

ニキビかと思って病院に行ったら内臓の病気のサインでだった…なんて場合もある世の中。ニキビに良く似た皮膚疾患の中には、命に係わるような怖いものもあるので、ケアを続けても一向によくならない、なにか違和感がある…と思ったら皮膚科で診察してもらうようにしましょう。

病気1 汗疹

これは皆さんよく知っていると思います。誰もが一度は出来たことがあるのではないでしょうか?夏場の汗の多い時期なんかに赤い点がポツポツとできることがありますよね。痒みは基本的にありませんが、湿疹と併発させると痒くなるようです。子供や肌の弱い人に出来やすいです。

病気2 毛包炎

「おでき」や「かみそり負け」「マラセチア毛包炎」と呼ばれるものは全て毛包炎の一種です。症状によっては痛みや熱を伴います。中でもニキビと間違えやすいのがマラセチア毛包炎であり、マラセチア菌の異常繁殖によって、引き起こされる毛穴の炎症です。マラセチア菌は、私たちの周りにある常在菌でどこにでもいるカビの1種です。その為、誰もが「マラセチア毛包炎」になる可能性がありますが主な原因は多汗、不潔な環境によるもので女性の場合、メイクを落とさなかったりすると皮膚の上にのこる脂肪分が絶好の繁殖環境となるの要注意です。ニキビとは違いアクネ菌ではなく、マラセチア菌が原因のため、基本的にニキビ用の薬が効きません。

病気3 好酸球性膿疱性毛包炎

かなり珍しく、稀な病気ですが日本人に時々見られる病気です。主に顔を中心にニキビ、あるいは白癬のような症状が現れます。発疹は顔面だけではなく、体や手のひらにもみられることがあります。近年、HIV(エイズ)観戦患者に伴ってみられることが多く、注目されています。病態の詳細についてはまだ明らかになっておらず、現在も研究が進められている病気です。

病気4 せつ・よう(おでき)

「せつ」とは毛根の根元の毛嚢が化膿したもので、「おでき」のことです。「よう」は近くの毛穴同士が複数炎症を起こして化膿したものです。手や足の裏など、毛の無い所以外はを全身どこでも出来る可能性があります。毛穴周辺に化膿菌が感染して炎症が起きたものを「毛嚢炎」と呼びます。この毛嚢炎になって治らないと腫れや痛みがだんだん強くり、化膿がひどくなって「せつ」になります。したがって大きなおできがある人は「せつ」である場合が多いです。