どっちかわからない?!背中ニキビとあせもの違いとは

背中ニキビと思われる赤いぽつぽつ。痒みがある場合もあせもなのかニキビなのか悩むかと思います。 背中ニキビかある場合(ニキビではなく乾燥が原因となりますが)にしてもあせもにしても、痒みを起こす可能性があることから、判断が難しい場合があります。また、背中は汗のかきやすい部分でもあることから、厚着のしすぎや暖房で、季節を問わずあせもになる可能性もあります。 背中ニキビなのかあせもなのかでケアのし仕方が違いますので、間違ったケアをしないためにも見極めが大切です。

ニキビとあせもの違い

ニキビは毛穴に詰まった皮脂により原因菌が繁殖し起こりますので、毛穴のみに炎症が起こります。

あせもの原因菌の黄色ブドウ球菌はニキビとは違って皮脂ではなく汗により繁殖が起こります。原因は汗をかいて放置したことにより汗腺に汗がつまり起こるものですから、毛穴ではなく肌全体に発疹が見られます。

ニキビかあせもかの見極めは、毛穴に起こっている炎症なのか背中の肌全体に広がる炎症なのかで行うと良いでしょう。また、ニキビの肌が必ずかゆくなるわけではない事から、激しい痒みが全体的にある場合にはあせもを疑った方が良いでしょう。 しかし、背中は自分ではしっかりと見ることが不可能なため、家族の方に見てもらうか、無理な状況であれば皮膚科を受診しましょう。 あせもを放置して掻き壊してしまうと、他の炎症を併発する可能性もありますので注意が必要です。

あせもの治療は市販薬より皮膚科の受診

あせもの治療は市販の薬でも可能です。しかし、薬を使用しても改善が見られない時には皮膚科の受診をオススメします。 また、あせもにならないためにも、汗をかいたあとは清潔なタオルでふく事や新しい衣服に着替える事を心がけましょう。 こうすることにより、背中ニキビの予防にもなります。

背中ニキビの場合には、皮膚科での治療も可能ですが痒みがある場合はニキビ肌の乾燥が考えられますので、保湿してみると良いでしょう。 保湿はニキビのできにくい肌にする助けになります。 また、専用の保湿化粧品も多くありますので、使用すると改善される可能性があります。

原因を把握することが大切

背中ニキビのように見える発疹でも、ニキビではない可能性も多くあります。自分の背中にある発疹の原因が何なのかを見極めることが重要です。原因を把握せずに間違ったケアをしてしまうと悪化することもあります。背中の発疹は背中ニキビだけではないということを覚えておきましょう。 背中ニキビのケアをしているのに改善が見られない、また悪化する場合には、皮膚科の受診をすることが改善の一番の近道でしょう。