何事もバランスが大切!背中ニキビとホルモンバランス

背中ニキビのできる原因の1つにホルモンバランスの乱れがあるのをご存知でしょうか?色々な原因が重なり背中ニキビが慢性化してしまってる人もいらっしゃるでしょうが、このホルモンバランスの乱れが原因である場合、正しいスキンケアをしていても背中ニキビの改善が現れにくい可能性があります。

ホルモンの種類

性ホルモンの中には「女性ホルモン」と「男性ホルモン」があります。この男性ホルモンが多い事で、皮脂の分泌も増えます。 思春期は男性ホルモンの分泌が多いためにニキビができやすくなります。

ホルモンバランスの乱れとは?

思春期でなくても背中ニキビが慢性的にできやすいのは、女性ホルモンの分泌が低下、もしくは男性ホルモンの1つである「テストステロン」というホルモンが原因で、皮脂の分泌が増えバランスが乱れている可能性があります。 ホルモンバランスの乱れにより、皮膚が乾燥したり血の巡りが滞ってしまいます。 このホルモンバランスの乱れる原因に、ストレスがあります。特に女性のホルモンバランスの乱れは、男性よりの身体になるということですから、肌が固くなり髪のつやが減るなどの変化が見られます。

解消するには

医師の診断により、治療をするという選択もありますが日頃の生活の中で改善できる可能性もあります。 ストレスは血の巡りを悪くする事から、入浴時はゆっくりとお湯につかり身体を温めリラックスすることと共に、凝り固まった筋肉をほぐしましょう。血液を身体の隅々まで行き渡らせることでホルモンバランスが整ってくるでしょう。ストレスを溜めないように工夫し、解消できる手段を探してみましょう。 睡眠をたっぷりっとり、不規則な生活はできるだけ改善しましょう。 また、食生活にも気を使うと良いでしょう。食生活はニキビの悪化との関係が深いです。野菜やフルーツを率先して摂り、脂分や糖分の多い食事は必要以上に摂らないことが重要です。

日頃の生活習慣の改善によって解決しない場合は医師の診断を受け、専門家の治療を受けることも視野に入れると良いかも知れません。 医師によるホルモン治療には内服薬が使われるでしょう。この内服薬は多少の副作用がある可能性があります。 内服薬にも種類がありますし、ホルモン治療が不可能な事もありますので、問診ではは正確に症状や生活習慣などの情報を伝えましょう。

ニキビの原因は人それぞれに違うものでもあります。改善するには根本的な原因の排除が必要です。 いずれにしても、自分の身体の状態を深く理解し把握することと、その改善は重要な事でしょう。規則正しい生活をすることにより、ホルモンのバランスを正常にすることが背中ニキビ解消への近道かもしれません。