背中ニキビって保湿すると悪化するの?その正しい保湿のポイント

背中ニキビの対策として有効なのが「保湿」ですが、皮脂が多く分泌されることによって、ニキビができているのに保湿をするべきなのか?とお思う人もいらっしゃるでしょう。 油分が多く潤っているように感じるかも知れませんが、根本では乾燥しているため、さらに皮脂が増えることでニキビができてしまうのです。 また、乾燥によって皮膚のバリア機能が低くなるため、刺激によりニキビになりやすく、さらに悪化しやすくなります。

しかし、一番必要な保湿をすることで背中ニキビが悪化する可能性もあるのです。 それはなぜなのでしょうか?

保湿によって背中ニキビが悪化する理由とは

ニキビの改善に必要不可欠な「保湿」なのですが、ただ保湿をすればよいというものではありません。 保湿をする化粧品の成分には気をつけなければ、悪化する可能性は大いにあります。 気を付けなければならない成分の1つに、「鉱物油」があります。鉱物油を多く含むものを使用してしまうと、アクネ菌というニキビの原因になる菌が油分を栄養とする為、増殖しやすくなってしまいます。 そのような保湿を繰り返せば、保湿していない時よりもさらにニキビが増えたり悪化する可能性が高くなってしまいます。 背中ニキビの対策として、保湿をしっかりしているのに悪化してしまった、という場合はこのような事が考えられますので、もう一度保湿化粧品の成分を確認してみた方が良いでしょう。

背中ニキビの保湿に最適なものとは

油分を抑えた保湿、できる限りオイルフリーな化粧品を選ぶことをお勧めします。 また、顔のスキンケア用の化粧水を使用することもあるかも知れませんが、顔と同じく化粧水だけでは水分は蒸発し乾燥を促すため、新たなニキビができてしまったり悪化してしまう可能性があります。 化粧水を使用するのであれば乳液などの保護が必ず必要です。この場合も、油分には十分気を付けて選ばなければなりません。油分の少ない、ジェル化粧品や美容液がオススメです。

背中ニキビの保湿はその化粧品選びを慎重にしなければならないと言うことです。

最近では身体のニキビ対策専用の化粧品も多数販売されるようになっていますので、その中から選ぶと安心でしょう。ニキビの予防と悪化を防ぐように成分が配合されていますので、あれこれ考える必要もなくなるでしょう。

洗浄を十分することも重要です

いくら保湿をマメに行っても、その背中に汗や汚れが残っていては何の意味がありません。身体を洗う時は背中もたくさんの泡を使い優しく洗いましょう。また、すすぎ残しがないようにしっかりと石鹸成分を流すことを心がけましょう。