重症です!背中ニキビが痛い時の対処法

背中ニキビには、でき始めから悪化までいくつかの段階がありますが、ニキビが痛みだしたらかなり悪化が進んでいます。 痛くなる原因は、白ニキビや黒ニキビの段階で放置したり、また刺激を与えたりすることによって細菌が増え、炎症を起こして化膿してしまうことにあります。痛いニキビは赤くなり、腫れているでしょう。背中が布団や椅子の背もたれにあたったり、衣服などが擦れることによりもっと悪化する可能性があります。 ニキビも悪化すれば治るまでに長い時間がかかりますし、かなりのストレスになるでしょう。

背中ニキビが痛い時の対処法

背中ニキビに痛みが出た場合は、まずは刺激を与えないようにしましょう。普段ならば何ともない衣服も、悪化したニキビには刺激になります。そのために痒みがでてしまう可能性もありますので、直接肌に触れる衣類は綿やシルクなどの天然素材の、肌に優しいものを身に付けましょう。肌触りがザラザラしていない物がオススメです。 また、寝具にも気を使う必要があります。硬い場所に背中が当たれば、刺激になる事はもちろん、悪化して腫れたニキビが潰れてしまう可能性もあります。柔らかい寝具を使い、寝る時の姿勢も気を使いましょう。さらに悪化させないためには、刺激を与えないことです。

早く治すためには、病院へ

炎症を起こし、少し触れただけでも痛くなってしまったニキビはできるだけ早く治すことが重要です。放置すればますます悪化してしまう事もあるのです。特に熱をもったり、大きく腫れあがるようであれば皮膚科を受診し、早めに治してしまいましょう。悪化したニキビは、治った後もニキビ跡として残る可能性が高く、また万が一潰れてしまえば、傷跡のようにいつまでも肌に残ることもありえます。 そうならないためには、専門医による治療で最短で治す必要があるでしょう。化膿した背中ニキビには塗り薬以外に、内服薬が処方されることがあります。

悪化させない事が重要

背中ニキビは気づきにくいことから、悪化しやすいニキビでもあります。悪化させないためには、小さなニキビの時に正しいケアをする必要があります。ニキビのできやすい肌を放置すれば悪化するのも当たり前です。早いうちに治してしまえば、酷い炎症を起こし跡になる事もありません。背中ニキビができやすい人は特に、日頃から背中の状態を把握することが必要でしょう。 背中ニキビは少しの心がけで改善することがあります。まずはできることから行い、背中ニキビのできない肌に改善していきましょう。