ウソでしょ~!カビが原因の背中ニキビって?

ニキビは顔だけではなく身体にもできます。特に背中は毛穴が多いことからニキビができやすいといわれています。 背中のニキビが繰り返しできて、悩んでいる方も多いと思いますが、背中ニキビの原因はいくつかありますので、それぞれの原因を排除することが背中ニキビ解消のコツでしょう。

背中ニキビの原因菌とは?

ニキビの原因菌にアクネ菌というものがありますが、実は他にもニキビのような炎症を起こす菌があるのです。 それは「マラセチア菌」 身体のブツブツとした発疹の中に、このマラセチア菌によってひ引き起こされているものがあるといいます。マラセチア菌でのブツブツは「マラセチア毛包炎」といわれるものです。 このマラセチア菌は真菌といわれる「カビ」の一種です。 カビというと驚くかもしれませんが、このマラセチア菌はアクネ菌と同じく、皮膚の常在菌の1つで、珍しいものではないのです。 菌が毛穴に入り込むことや繁殖を繰り返すことで、分解や酸化により毒性のあるものに変化し炎症を起こしてしまいます。

マラセチア毛包炎の特徴

マラセチア毛包炎はアクネ菌が原因のニキビと比べ、かゆみや痛みなどが比較的少ないです。 アクネ菌のニキビと比べ自然に治る可能性はほぼありません。しかし医師による治療では治りやすいのが特徴です。マラセチア毛包炎には抗真菌外用薬を塗ることが多いでしょう。

予防と治療

皮脂や湿気の多い所をに増えやすく、特に皮脂の多いお肌の方は注意が必要です。もしもアクネ菌によるニキビと同じ対策を行っているのに全く治らない場合や、マラセチア毛包炎が疑われるのであれば、医師の診察を受けることをオススメします。アクネ菌によるものとマラセチア菌によるものでは、治療のしかたは違うものになります。必要に応じ、内服薬や外用薬が処方されるでしょう。 正しい治療を行うことで、1~2ヶ月で治ることが多いので早く対処すれば早期に治すことが可能です。また、頭皮での繁殖により、脂漏性脱毛を起こすことがありますので注意が必要です。

予防対策としては清潔に保つことが重要でしょう。 汗をかく季節には蒸れないように気を付ける事、汗をかいたらできるだけ早くシャワーなどで汗を流す習慣をつけましょう。オイリー肌の方は正しいスキンケアで皮脂の分泌を抑えることが必要です。 また、低脂肪の食生活を心がける事、野菜を多く摂取することは通常のニキビと同様です。

マラセチア菌が繁殖してしまう環境であれば、アクネ菌も繁殖しやすい状況といえます。やはり正しいスキンケアと生活習慣は背中ニキビの解消にとって非常に重要ということです。