背中ニキビは漢方で改善できる?

背中ニキビは、身体の中からの警告かと思われるほど、栄養状態や血行不良、内臓の状態またはホルモンバランスが影響している場合があります。背中ニキビの治療をしているのに、がなかなか良くならない場合には、漢方薬を併用するといったことを選択してみても良いかもしれません。 では東洋医学の考えにより行われる漢方薬での治療は、ニキビの改善に役立つものがあるのでしょうか?

漢方とは

自然界にある植物や動物、または鉱物を使い薬とする「生薬」による治療です。多くの種類の生薬を医師の診断により組み合わせ、薬が処方されます。漢方での治療は、短期間で効果が表れるものも中にはありますが、比較的長い期間をかけて結果を得るというものが多く、体質を徐々に改善することにより、身体の中から症状を和らげていきます。人それそれの体調や症状に合わせて処方がされます。

種類

排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)

皮膚や粘膜の化膿性疾患などの改善。

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)

患部に化膿がある場合に使われることが多いです。

小柴胡湯合四物湯(しょうさいことうごうしもつとう)

分泌異常を調節。

小柴胡湯合桂枝茯苓丸加大黄ヨクイニン(こしょうさいとうごうけいしぶくりょうがんかだいようよくいにん)

菌の制御を試みる。

加味逍遥散(かみしょうようさん)

月経前などによるニキビの場合。

通導散合桂枝茯苓丸加ヨクイニン(つうどうさんごうけいしぶくりょうがんかよくいにん)

ニキビ跡や毛包の角化に対し処方されることがあります。

五積散加ヨクイニン(ごしゃくさんかよくいにん)

血行促進や分泌作用。

当帰芍薬散加ヨクイニン(とうきしゃくやくさんかよくいにん)

血行を促進し、冷え性を改善。

その他にも色々な種類の生薬があります。身体の症状や生活習慣などをしっかりと医師に伝えることにより、自分の背中ニキビの改善が期待できるでしょう。

安易に漢方を使わない事

自然のものを使う漢方薬であっても、副作用が全くない訳ではありません。普段の食事でも身体に合わない人がいるのと同じように、漢方薬やその種類によっては、身体に合う人と合わない人がいます。同じように背中ニキビに悩んでいる人同士でも、全く同じ薬で症状の改善がされるとは限らないのです。また、症状の改善がされて来れば、薬の種類を変える必要がある場合も考えられることから、自己判断での漢方薬の服用は避けましょう。背中ニキビが改善するどころか、その他の体調不良を起こしかねません。 漢方薬であっても専門の医師、または薬剤師への相談は必ず行い、服用の方法は必ず指示に従いましょう。