背中ニキビがかゆい?そのかゆみの正体とは

「背中ニキビができているからかゆい!」そう思っていらっしゃる方が多いと思いますが、ニキビ自体がかゆいのではない場合が多いです。

乾燥してニキビができやすくなっている場合は、かゆみも伴うことが多いのです。乾燥が原因でニキビができているということは、そのままにしていれば、ニキビができても乾燥状態が続いているということです。乾燥していれば、肌のバリア機能は低下していますので、少しの刺激でかゆみがでてしまいます。さらに、衣服の繊維が身体に合わない場合や、エアコンのあたりすぎ、紫外線による刺激で乾燥は進み、かゆみは悪化する一方です。 また、かゆいからといって、掻いてしまえばニキビを潰すことになってしまいますし、そうでなくても皮膚を傷つけることにより、菌が増殖し炎症を起こす可能性もありますので注意が必要です。掻いたことにより悪化し跡になる前に改善した方が良いでしょう。

かゆみは背中の乾燥が原因

中の乾燥は原因の1つに血行不良が考えられます。肩こりがひどい方は乾燥しがちです。乾燥し皮膚が硬くなり、さらにニキビが悪化するという悪循環になります。デスクワークなどで肩が凝りやすい方は、定期的にストレッチの時間を設けたり、就寝前に念入りにストレッチを行うと良いでしょう。 洗浄力の強すぎる石鹸やボディソープ、シャンプーなども乾燥の原因になります。できる限りマイルドなものを使い、皮脂と角質を必要以上にとりすぎないようにしましょう。皮脂も角質も、人の身体には必要なものです。取りすぎてしまえは、身体は通常の働きができなくなります。

乾燥以外の原因も

背中は汗をかきやすいことから、あせもにもなりやすい部分です。ニキビ以外にも、あせもや細菌が繁殖することでかゆくなる場合もありますので、背中の状態をしっかりと観察し把握することが重要です。 自分で確認するのが難しい背中は、家族の方に見てもらうのも良いと思いますが、かゆみの酷い場合は専門医に診てもらうのが一番でしょう。

かゆい時の対処法

身体が温まるとかゆみは出やすくなります。かゆい時には、冷やすことで緩和してみましょう。酷くかゆい場合には、タオルでくるんだ保冷剤などで冷やすのもオススメです。また、入浴中に温まりすぎるとかゆみが増すため、湯船やシャワーの温度はぬるめにしておきましょう。 入浴後の保湿は必ず忘れずに、すぐに行います。入浴直後は時間をおけばおくほど乾燥が進みますので、何をおいても一番に保湿をしましょう。乾燥する季節には、室内の湿度にも気を使うと効果があります。また、寒い季節に背中を中心に暖房器具で温めたりするのは避けましょう。

ニキビができていても、適切に対処してればかゆみが起こらないはずです。 乾燥対策をしっかりとしているのにかゆい場合には、ニキビ以外の炎症の可能性も疑った方が良いでしょう。その場合は、皮膚科を受診することをオススメします。