最初が肝心!コメド解消で背中ニキビ撃退

背中ニキビもどこにできるニキビも同じことが言えますが、ニキビの始まりは「コメド」と言われる皮脂である油と角質のタンパク質が混ざり合った、塊のようなものが毛穴に詰まることによるものです。 この「コメド」は背中ニキビの一番最初の状態です。コメドを放置していると最終的には化膿したニキビに変化していきます。 背中ニキビを悪化させないためには、コメドを発見した段階で対策をすることが大切です。

コメドにしてはいけないこと

コメドは顔周りにできることが多いのですが、皮脂の分泌が多い背中にもできます。このコメドを無理に押し出す方がいらっしゃいますが、この方法はお勧めできません。そのような事をしてしまうと、毛穴は長い時間開いた状態になるため、酸化した皮脂が固まり再びコメドとなる可能性が高いです。 お肌にとてもダメージになります。

コメドの放置による悪化

コメドは毛穴を塞ぎ、皮脂が溜まっていきます。毛穴が閉じ白くポツポツしてくると白ニキビと呼ばれる状態です。白ニキビは肌色に近く、膨らみもあまりないため目立たない事もあります。 また、そのニキビの先が酸化することにより黒く見えるのが黒ニキビと呼ばれます。特に黒ニキビの状態からは、悪化し赤いニキビになりやすいので注意が必要です。

肌の状態が整っていれば、たとえコメドができて毛穴の詰まりが起こっても、新陳代謝が正常であることですぐに解消することが多いです。ニキビになり炎症を起こすことも少ないでしょう。 しかし、コメドが自然に解消することもなく、毛穴の中に皮脂が溜まって毛穴がふさがれている状態が長く続けば、ニキビの原因菌であるアクネ菌の増殖を促しニキビになる可能性が高くなるのです。 炎症を起こせば赤いニキビに変化し痛みを伴う事もあります。この状態になると、治ったとしてもニキビ跡が残ってしまう可能性が高く、さらに化膿してしまえば、医師による治療が必要になるでしょう。

コメドの状態から進行させないために

コメドができてしまったら、できるだけ早く除去することが重要です。まずは清潔に保たなければなりません。 入浴時はゆっくりと湯船につかり、毛穴を開かせましょう。シャワーだけでは毛穴も開かず、コメドの解消どころか新しいコメドをつくってしまう可能性があります。 その後、たっぷりの泡でそっと洗います。ボティソープは油分を多く含むものがありますので、できる限り原料のシンプルな固形石鹸がオススメでしょう。また、使用頻度を守ればピーリング効果のある石鹸などを使ってみるのも良いでしょう。 気を付けたいのは、強い力や洗浄力の強いものを使う事、熱いお湯で流すことです。このような事をすると皮膚が乾燥し、皮膚のターンオーバーがくるってしまうことでコメドができやすくなります。

保湿も大切

背中ニキビの最初の段階であるコメドは、乾燥などによる皮膚のバリア機能の低下によるものです。清潔に保つことと同時に保湿も大切です。 保湿することにより肌のターンオーバーは正常になり、たとえコメドができてしまっても正しいケアを続けていれば、ニキビになる前に解決するでしょう。