背中ニキビの黒ずみ、何故できるの?どうしたら治るの?

背中ニキビが慢性的に出来ていしまう方、またはできやすい方は、背中の黒ずみが気になりませんか?せっかくニキビが改善しても、黒ずみが残ってしまえば、憂鬱な気分は続きます。さらにこの黒ずみはすぐに元に戻るものではありません。 ニキビができた後の黒ずみはなぜできるのでしょうか? そして、どのような方法で改善できるのでしょうか?

黒ずみの原因

背中ニキビができ始め、そのまま悪化してしまった場合に多く起こるのが黒ずみです。また、悪化したニキビに刺激を与えてしまうとより起こりやすくなります。 進行した症状の背中ニキビはたとえニキビが治ったとしても色素沈着としてシミのような黒ずみが肌に残ることがあります。 炎症を起こし後に色素沈着を起こしても、時間をかけて肌が再生すれば自然と治ることもありますが、なかなか治らずに長い期間黒ずみが残ることもあります。 さらに、その色素沈着に紫外線の影響が重なればより濃くなり残ってしまう可能性があります。背中は紫外線を受けやすい箇所でもありますので背中を露出する季節は特に、紫外線対策は万全にしなければなりません。

色素沈着のメカニズム

色素沈着は、メラニン色素が溜まることにより黒く目立つようになります。炎症を起こしたニキビによるダメージから皮膚を守るために、メラニン色素が過剰に作られることで、黒ずみが肌に残ります。 背中ニキビの炎症が原因ではあるものの、紫外線やホルモンバランスなども深く関わっています。

黒ずみ解消のケアとは

黒ずみを解消する為には、お肌の再生を正常にすることが必要です。クリニックやエステに通うことで改善は可能ですが、セルフケアでもある程度の解消は期待できます。

色素沈着はシミの一種でもあるので、美白ケアをすると改善がみられるでしょう。 また、肌のターンオーバーが乱れている可能性があることから保湿することが重要です。乾燥している肌は、角質が硬く厚くなる傾向があることから、新しい綺麗な肌に生まれ変わる為の時間が多くかかり、色素沈着をより濃くしている可能性もあります。 また、紫外線対策は必ずしましょう。

健康なお肌の状態を保っていれば色素沈着の黒ずみは徐々に改善されるはずです。美白効果と保湿効果の優れている化粧品によるケアを習慣にしてみましょう。 早急に改善したい場合、または時間をかけてケアしても改善がみられな買った場合にクリニックやエステに通うことを考えても良いのではないでしょうか。

黒ずみを改善することも必要ですが、背中ニキビを悪化させないケアも日頃から行っていきましょう。