問題アリ?背中ニキビのお風呂の入り方

背中ニキビにお悩みの方は、一度思い出してみてください。 お風呂の入り方次第で、背中ニキビが改善する可能性があります。

ゴシゴシ洗っていませんか?

顔ほどではありませんが、身体の中でも背中は皮脂の分泌が多い部分です。そのため、いつもべたついているという感覚を持っている方も多いと思いますが、だからといってゴシゴシ洗うのは間違いです。 皮膚のバリア機能が弱くなればなるほど、皮脂の分泌が増えていきます。 皮膚をゴシゴシ洗うことを想像してみればわかると思いますが、取ってはいけない角質までも無理やり落とすことになりえる訳ですから、当然バリア機能は低下しますよね。

お風呂での背中の洗い方

皆さんは顔を洗う時、ナイロンタオルのようなものでゴシゴシと洗いますか? そのような方は、ほとんどいらっしゃらないでしょう。顔と同じく擦りすぎ、また洗いすぎはお肌を傷めます。 バリア機能の低下により、皮脂腺は肌を守ろうと頑張って皮脂を分泌してしまいます。その結果、ニキビができやすい肌が出来上がってしまうのです。べたべたすればさらに洗いたくなるため、にまた過剰に角質を取ることになり悪循環になります。

また、皮脂の分泌だけではなく、洗いすぎにより皮膚の潤いが失われていきます。水分不足となった肌は、とても過敏な状態ですから、刺激を受けやすくトラブルも起こりやすいのです。

顔も体も同じ皮膚ということを忘れずに、背中の洗い方を考え直しましょう。普通のタオルであっても、両端を持ってゴシゴシ摩擦を起こしてはいけません。たっぷりの泡を使いそっとなでるだけで十分なのです。一番良いのは手で洗うことですが、届かない方もいらっしゃるでしょうから、そのような方はタオルの片方だけを持ち、背中に滑らせましょう。 最初は物足りない気分になるかも知れませんが、問題なく汚れは取れています。 また、湯船にゆっくりと浸かることで、しっかりと取るべき角質や垢、汚れは取ることが可能です。

正しい洗い方をすることで、洗いすぎで固くなっていた角質が柔らかくなり、触ると垢がポロポロと取れるようなことがあるかも知れません。 この時もゴシゴシと洗うことはせずに、正しい洗い方を続けてください。肌のターンオーバーが正常な状態に戻れば、背中ニキビの改善が期待できます。

洗う順番にも気を付ける

お風呂での洗う順番は人それぞれでしょう。しかし、背中ニキビのある方で、髪よりも先に体を洗う方は要注意です。 洗う順番は髪を先にしましょう。シャンプーやトリートメントが背中に残る事が原因で背中ニキビになっている可能性があります。 背中にシャンプーやトリートメントが付いても、その後に体を洗うことによって、落としましょう。

背中のニキビは皮膚科の治療や薬でも治すことは可能ですが、根本的な解決をするには、生活の中の原因を突き止め見直すことが、完治するためには重要な事です。