背中ニキビのシャンプー選び。これ重要です!

背中ニキビでお悩みの方で、薬を使って治してもすぐにまた出来てしまうという方は多いです。 その背中ニキビの原因にシャンプーに使われている成分によるものがある可能性があるのをご存知でしょうか? 今使っているシャンプーの見直しをするだけで、背中ニキビの解消に役立つかも知れません。

シャンプーがなぜ背中ニキビの原因になるのか

シャンプーは髪の毛の汚れをスッキリと落とすために刺激の強い成分が使われている事が多いです。このシャンプーをすすぐ時に、成分が背中に流れるだけでも悪影響を及ぼす事があります。 洗浄力の強いシャンプーは、肌に対しての刺激も強いものです。 そのため、皮膚に必要なバリア機能が低下する可能性があり、また必要な皮脂までも取ってしまう事で、乾燥の原因になります。 乾燥はニキビの原因の1つですので、背中ニキビができやすくなるのです。

肌に残ってしまう成分

シャンプーをしただけで髪がさらさらになりませんか? 髪をさらさらにするための成分であるシリコンやその他の添加物は髪の毛の表面に残り、膜をつくってコーティングする成分です。この成分が毛穴が詰まる原因にもなっています。背中の毛穴は比較的多く、この成分が背中に流れることで、毛穴が詰まってしまう事も考えられます。

背中ニキビ改善のためのシャンプーの選び方

シャンプーの成分でも刺激の少ない「アミノ酸系シャンプー」や肌に残ってしまう成分の少ない「ノンシリコンシャンプー」はオススメです。 アミノ酸系のシャンプーは低刺激で、洗浄力も弱く肌の弱い方に良いでしょう。 このようなシャンプーは頭皮に良いとされています。と言うことは、その他の肌にも刺激が少ないのは当然の事です。また、天然素材や無添加系、または石鹸シャンプーなども良いでしょう。

どのようなシャンプーを使っても背中ニキビにならない方も大勢らっしゃいますが、もしもなかなか改善しなくて悩んでいるのなら、一度確かめてみると良いでしょう。毎日使用するものですから、髪と肌の健康のためにもシャンプー選びは重要といえるでしょう。 しかし、いくらシャンプーを変えたところで、背中に洗浄成分が残るようでは改善するのが難しいです。 髪をすすいだ後は背中に成分が残らないようにしっかりと流すことが必要です。背中ニキビを繰り返さないためにはニキビそのものができる原因をすべて排除する必要があるでしょう。 自信をもって背中を見せられるようにシャンプーにも気を使ってみることをオススメします。