絶対ダメ!背中ニキビの潰してはいけない理由

背中ニキビの悪化はとてもつらいものですし、背中が何かに当たるたびに違和感や痛みを覚え憂鬱になるでしょう。 背中ニキビもその他のニキビも同じく、潰そうと思えば潰すことは可能ですし、そうすることで解消したような気持になるかも知れません。 また、潰した方が直りが早いといわれることもあるようです。 しかし、それは最も危険な行為です。なぜ、危険なのでしょうか?

背中ニキビを潰す事のデメリット?

跡が残る

背中ニキビに限らずすべてのニキビに言えることですが、ニキビ(特に大きく悪化したニキビ)を潰すことにより、ニキビ跡が残る可能性が非常に高くなります。場合によっては、一生消えないものになる事もあるのです。どのようなニキビであれば潰しても良いのかの判断は難しく、その判断を間違えればクレータ状の跡が残ることになるでしょう。

細菌が入り悪化する

ニキビを潰した後というのは、キズと同じ状態であることから、細菌が入り込みやすく、さらにその細菌が原因で炎症を起こす可能性があります。そうなれば治るどころか悪化する一方でしょう。そこから新たなにニキビができてしまう事もあります。 また、潰す時や潰した後の消毒が完璧にされていない事で患部をいじれば、それだけでも悪化する可能性は大きいのです。

以上の事から、自己処理でニキビを潰してしまうことは全くメリットがない上に大きなリスクになりますのでおすすめできません。ニキビを潰すための器具も売られていることはありますが、一歩間違えると確実に跡になる事を頭に入れておきましょう。

治療法として潰す場合

医師の治療により背中ニキビを潰す方法はあります。医師の判断での治療なので問題はないでしょう。しかしニキビの芯を取り除いた後は、炎症を起こさないための塗り薬が処方されると思いますのでしっかりと塗って治療しましょう。 悪化してどうしても何とかしたいという場合は、皮膚科の診断を受けることが一番です。また、背中という場所から、寝ている時に間違って潰してしまう可能性もありますので、医師の診断により正しい治療をした方が良いでしょう。 間違っても自分で潰してしまわないようにしましょう。

潰さず治しましょう

背中ニキビは潰すかどうかよりもでき始めの最初の段階で、悪化しないように生活することと、予防が大切です。間違ったケアをすることで、すぐに治るものも長い期間かかってしまう可能性と一生跡になる事がありますので気を付けましょう。 潰して治すことより、他のケア方法を正しく行うことを考え行うことにより、徐々にニキビの改善とニキビのできない肌にしていきましょう。