内側からのアプローチ!背中ニキビに良い食べ物

背中ニキビのできてしまう原因を撃退するには、身体の中からのケアもとても重要な役割を持っているでしょう。 食べたものは、身体の中で吸収され身体の状態に表れます。栄養や必要な成分は、まずは身体の中の部分である血液などに使われるため、十分に足りていない場合は皮膚まで行き渡らない事があります。 また、脂質の多い食べ物などは、逆にダイレクトに肌に表れやすいので、バランスの良い食生活を送る事は、背中ニキビ改善のための重要なポイントでもあります。

背中ニキビに良い栄養素は?

ビタミンC(コラーゲン生成の補助、皮脂の分泌を抑える)

ブロッコリー、ピーマン(特に赤や黄色)などの野菜、レモンやキウイ、柿などのフルーツにも豊富に含まれています。ビタミンCは、美肌には欠かせない栄養素です。たっぷりとることで、美白効果もあります。 しかし壊れやすい性質を持っていますので、率先して摂取しましょう。

ビタミンB2(皮膚組織の生成)

野菜などよりも、肉や魚に多く含まれます。また、海苔などの藻類でも摂取可能。その他、乳製品、アーモンドや卵の摂取も良いでしょう。ビタミンB2が不足することにより、皮脂の分泌が過剰になったり、粘膜を正常に保つことができなくなります。 肉や魚には脂分も多く含まれることがありますが、摂りすぎない程度に摂取することも必要です。 また、脂分の多い食事をとる場合には、まず野菜を胃の中に入れることで、脂質の吸収を抑えてくれるので、意識して食すことをオススメします。

ビタミンB6(皮脂の分泌を抑える)

赤みの魚や鳥のレバー、ナッツ類や海苔に豊富です。ニンニクも良いでしょう。肌荒れの修復や抵抗力をつけます。ビタミンB2と共に摂取すると良いでしょう。

ビタミンE

かぼちゃやモルヘイヤ、落花生にも豊富です。たらこやいくらなどの魚の卵にも含まれます。 ホルモンのバランスを整えてくれます。また、血液の循環を良くし、抗酸化作用もあります。色素沈着の予防にもなります。

ビタミンA

動物の内臓類に多く含まれます。卵やバターの摂取も良いでしょう。 細胞機能の維持に役立ちます。肌のカサカサはビタミンAの不足も考えられます。

食物繊維(腸の中をキレイにする)

豆類、いも類、また、きのこ類にも多く含まれます。腸の中の老廃物を排除することにより、肌荒れを改善します。食物繊維と共に水分も摂取しましょう。

背中ニキビに良くない食べ物

多量な砂糖は皮膚を固くし毛穴を詰まらせる原因になります。 脂分を取りすぎることにより、皮脂分泌が活発になります。

また、加工食品やお酒、喫煙は肝臓の働きを悪くします。そのため体内のビタミンが少なくなり、不足することになります。ホルモンバランスも崩れやすくなりますので、注意が必要です。

ニキビになりやすい食べ物をできるだけ控え、改善に役立つ食べ物を進んで摂取することで、根本的に改善することが期待できるでしょう。 お肌が整いたっぷりと潤いが保たれることで、ニキビのできにくい肌になります。綺麗な背中を維持できるように習慣にしましょう。